征矢歯科医院

虫歯治療

なるべく「削らず」
「神経を残す」治療

虫歯は細菌による感染症で、菌が出す酸が歯を溶かしてしまう病気です。
歯の表面が少し溶けただけなら唾液の働きで修復できることもありますが、
歯に穴が開いてしまうと自然治癒することはありません。

当院では精密検査により虫歯の状態を把握し、精度の高い治療で、なるべく「削らず」「神経を残す」治療をしています。

虫歯の進行、治療法

虫歯はこうして進行します

歯の表面に虫歯ができます

虫歯が神経に近くなり、
冷たいものがしみます

熱いものがしみて、
ズキズキ痛みます

神経が死んでしまい、
痛みを感じなくなります

痛みがなくなったからといって放置していると…

根の先に細菌と膿がたまって炎症が起き、硬いものを噛んだりすると痛みや違和感を感じるようになります。まれではありますが、そこから全身に細菌が侵入する危険性もあります。
まずは虫歯の予防を心がけ、なってしまったら早期に発見・治療を行いましょう。

虫歯の治療法

できたての虫歯(初期虫歯〜C1)

できたてのむし歯は上手に管理すれば、削る必要はありません。
毎日の歯磨きや生活習慣の見直し、フッ素で進行をとめる事ができます。

小さな虫歯(C1〜C2のはじまり)

これから上手に管理できるようであれば、まだ削らなくても良い場合もあります。
管理が難しい場合は少し削ってそこに白いプラスチックを詰めます。
痛みに敏感な方以外は麻酔がなくても痛みなく治療ができます。

進んだ虫歯(進んだC2)

多くの場合、麻酔をして痛みのない状態で歯を削ります。
しかし、心配しないでください。当院の麻酔は表面麻酔(注射の麻酔をする前の塗り薬の麻酔で、注射をする時の感覚をなくす麻酔)、全自動の電動注射麻酔によりほとんど痛みを感じない麻酔ができます。
前歯の場合は削ったところに白いプラスチックを詰めます。
奥歯の場合、削ったところの歯型をとり、金属の詰め物(小さい銀歯)を作って銀歯を歯にくっつけます(白いセラミックなどを詰めたい場合は保険外になります)。
※奥歯の場合でも白いプラスチックを詰めることが出来る場合もあります。

大きな虫歯(虫歯が歯の神経近くまたは、神経まで進んだ虫歯)

多くの場合、麻酔が必要です。
歯の中にある神経を取り除く治療と歯の中に入ってしまったバイ菌を退治する治療を行います。この治療がこの歯を守る「最後の砦」的な治療です。
回数がかかりますが、非常に大事な治療です。
※この治療でバイ菌を退治できないと抜歯になることもあります。
バイ菌の退治が終わると、その歯にクギのような金属を歯に差し込み土台をつくります。その土台の上に金属のかぶせもの(歯を覆うような大きい銀歯)をつけます(奥歯に白いセラミックなどをかぶせる場合は保険外になります。前歯の場合は保険内でも白いかぶせもの(プラスチック)になります)。

当院の虫歯治療の特徴

無痛治療

お子様だけでなく、大人の患者さんも歯科治療独特の「痛み」をストレスに感じている方が少なくありません。当院では無痛治療を心がけています。表面麻酔を塗布し、極細の注射針を使用することで、麻酔の針が入ることを感じません。麻酔薬もあらかじめ体温に合わせて温めておくことで、注入時の痛みもほとんどありませんのでご安心ください。

拡大視野での治療

ドクターが目につけている双眼鏡のようなものは拡大鏡です。「明るく」「拡大された視野」を確保でき、細かい部分まで確実に治療をすることができます。歯を削る量を最小限にし、痛みなく、スピーディーに、そして精度よくきれいに治療を行うことができます。

できるだけ「削らない」「神経を残す」治療

歯は大量に削られて薄くなったり、神経を抜かれると寿命が短くなってしまいます。当院では、必要最小限の歯の切削量で、虫歯を除去するようつとめております。また、神経にまで及ぶ程の大きな虫歯に対しては、歯の自己修復能を利用した方法でできる限り神経の保存に努めております。

より良い根管治療を目指して

虫歯が神経にまで及んでしまった場合、神経内の細菌を取り除く根管治療が必要となります。
しかし、治療中に沢山の細菌が混じった唾液が根管に流れ込み、汚染された器具を使用すると根管内に細菌が残ってしまい、再治療が必要になる場合が多々あります。
そのため、当院では使用器具は全て滅菌、ラバーダムや唾液吸入装置の使用により徹底した感染防止を行うとともに、拡大鏡の利用でより精度の高い根管治療に取り組んでおります。