征矢歯科医院

無痛治療
(静脈内鎮静法)

“痛い”“怖い”歯科治療は終わりにしませんか?
“寝ている間に治療が終わる”静脈内鎮静法で安心・安全な歯科治療を

静脈内鎮静法とは、点滴により麻酔薬を腕の静脈に投与し麻酔を行う方法です。
静脈内鎮静法を行っている状態では、うっすらと意識はありますが、ほとんど眠っているような状態になります。
治療に伴う不快な痛みや振動・音などがほぼ気にならず、快適に歯科治療を受けることができます。
※静脈内鎮静法は全身麻酔と異なり意識が完全になくなることはありませんので、
通常の歯科麻酔(注射による局所麻酔)を併用して行いますが、局所麻酔を行ったことを覚えていない方がほとんどです。
*静脈内鎮静法は自費診療になります

無痛治療(静脈内鎮静法)
のご案内

静脈内鎮静法は患者さんの血圧や呼吸状態などをリアルタイムで把握しながら治療を進める必要があるため、
専門知識を持ち、特別なトレーニングを受けた歯科医師が行う必要があります。
当院では、歯科麻酔専門医が処置中のお身体の状態の管理や静脈内鎮静法を行います。
料金
静脈内鎮静
¥30000から
このような患者さんにオススメです

無痛治療(静脈内鎮静法)
の流れ

1 初診(1回目)・カウンセリング

治療に対する説明や体調・お体の状態をチェックします。お薬手帳をお持ちの方は持参ください。
静脈内鎮静法について説明いたしまして、場合によっては、かかりつけ医に対診を取ります。

2 静脈内鎮静法(2回目以降)

体調が問題なければ、静脈内鎮静法を行います。お食事と飲水の禁止時間があります。
当日は車や自転車の運転は避けていただきます。

治療の流れ
① カウンセリング

治療に対する説明や体調・お身体の状態確認、同意書などの作成があります。

② 点滴準備

血圧計や呼吸状態のモニターを装着し点滴の準備をします。
(点滴を取るのが苦手な方には、表面麻酔シールもご用意があります。)

③ 点滴開始

患者さんの状態を見ながら、不安や緊張感がとれるように薬をゆっくりと注入していきます。
患者さんは徐々にリラックスして眠くなっていきます。

④ 治療開始

患者さんがリラックスしている状態を確認した後に、治療を始めます。
治療中は歯科麻酔医が「血圧・心電図・酸素飽和度」などモニターで確認し、 安心・安全な状態を維持します。
眠ってしまいながら治療が進みます。
完全に意識がなくなるわけではありませんが、治療に記憶がほぼないまま処置が終了します。

⑤ 治療終了

治療終了後は、長くて1〜2時間程度、当院でお休みになっていただき、患者さんの状態を確認して、麻酔医が帰宅の許可を出します。

実際に体験していただいた
患者さんの声

何も覚えていない治療:20代 女性

女性

幼少期にとある歯医者さんで押さえつけられたまま治療をされた経験から、歯医者さんが大の苦手。恥ずかしながら、その記憶がトラウマになってしまい、最後に治療を受けたのはなんと15年前。ただ、痛みに我慢できなくなってしまい、歯医者さんに行かなきゃ…という気持ちと、やっぱり痛い・怖い思いはしたくないという気持ちから、足が重くやはり歯医者さんの予約ができないで苦しんでいました。怖くない歯医者さんをとにかく調べ、友人からの話で「寝ながら行う治療」ができる歯医者さんがあることを聞きつけて、征矢歯科医院を予約しました。
本当に怖くないのだろうかと、15年ぶりの歯医者さんに恐る恐る行って見ると、優しい先生で、とてもわかりやすく丁寧に説明していただき、この治療なら!とすがる思いで治療を受けてみました。歯医者さんで静脈内鎮静法なんていう治療法があることはもちろん知りませんでした。初めはとても緊張しましたが、いつのまにか完全に寝てしまい、次に目が覚めた時には、なんと治療が終了していたのです。本当に驚きました。これなら治療が継続できると、本当にホッとしています。他の歯医者さんには無い特別な治療だと思います。私と同じように悩まれている方には是非オススメしたい治療が静脈内鎮静法です。

征矢歯科との出会い:60代 男性

女性

昔から歯医者が苦手で、しばらく通うのを放置していた結果、口の中は大変なことに。しかし、奥歯を削るときや、型取りの時にオエッとなってしまう嘔吐反射体質のようで前に通院していた歯医者さんでは治療はできないと言われてしまいました。しかし、奥歯で噛むことが出来ないとなんだかご飯も美味しく食べられず、なんとか歯医者を変えてみようとネットで調べていくうちに、嘔吐反射にも効く静脈内鎮静法という治療法があることを知りました。しかし、県内でそのような治療ができる医院があるのかと調べていくと、県内に歯科麻酔専門医の先生がいることがわかり、治療を受けてみることにしました。はじめは半信半疑でしたが、説明もわかりやすく、治療中はオエッとなることは一度もなく、所々眠ってしまっていたようで、リラックスして治療を受けることができました。寝ている間に、奥歯を削って型取りまでやったと先生から説明があった時には、本当にビックリしました。静脈内鎮静をしていただけるおかげでストレスなく通院することが出来ています。嘔吐反射の方は一度経験していただくと、驚かれると思いますよ。

笑気ガスが効かなかったが、静脈内鎮静で短期間に治療が出来た:40代 男性

女性

病院嫌い、歯医者嫌いで通院を避けてきたせいで、口の中だけでなく、頭まで痛くなってしまい仕方なく近くの歯医者さんに通院することに。しかし、どうしても恐怖心が強く考えるだけで冷やせが出てきてしまう始末。子供の頃に経験した笑気ガスを思い出して治療をうけてみたが、全く効果なしで、先生もお手上げ状態に。そこで、近くに“寝かせた状態”で治療をしてくれる歯医者があるということで征矢歯科医院を紹介してもらいました。そんな治療があるなんて聞いたこともなく、不安でいっぱいでした。先生から、「笑気ガスの恐怖心を抑えるレベルを10点とすると、静脈内鎮静は80点くらい」と説明を受け、まずはチャレンジしてみようと決めて治療を受けてみることにしました。なるべく短期間で終わらせたいという要望も聞いて頂き、治療も2時間くらいでまとめてやりますと言われた時には、出来るか不安でした。
静脈内鎮静の当日は緊張でドキドキしていましたが、「眠くなります」という言葉を聞いたのを最後に、次に目が覚めた時には「もうすぐ治療が終わりますよ」と声を掛けていただいていたところでした。時間経過は10分程度の感覚でしたが、すでに1時間半が経っていてとても驚きました。静脈内鎮静の良いところは、寝ながら治療を受けられることだけではなくて、治療をまとめて短期間で終わりにしてくれるところと、次も必ずこの治療を受けたいと思う満足度の高さだと思います。

インプラント治療に静脈内鎮静を使用:50代 女性

女性

年齢とともに歯が弱ってきてしまい、入れ歯にするかインプラントにするか選択が必要になってしまいました。入れ歯はどうしても嫌。だけどインプラントは骨を削って人工の骨を入れる治療、考えただけでも恐ろしく先生に相談してみたところ、静脈内鎮静というのがあるよ、と教えて頂きました。静脈内鎮静はうとうとしながら受けられる治療だと、説明をいただきました。どこの歯医者さんでも受けられる治療ではないらしく、せっかくなので静脈内鎮静法で手術を受けることに。気がついたら手術は終わっていました。本当にビックリしたのを覚えています。点滴からもとても効く痛み止めを入れていただけるようで、痛みも腫れもなく、なんの問題もなく気軽に手術を受けることができました。次の手術でも静脈内鎮静をお願いしています。

歯科麻酔科医より
患者さんへ

上記の患者さんのように、とても悩んで歯科医院に足を運んでいらっしゃる患者さんが多数です。
我慢して治療を受けていただく時代はもう終わりました。 静脈内鎮静法は皆さまのお悩みを解決することが出来る素晴らしい治療法の一つだと考えています。
今まではこのような治療を受けてみたくても大学病院などを受診する以外に方法はありませんでした。
その理由は麻酔に専従している歯科医師の数がとても少ないからです。 私はこれまでに全身麻酔や静脈内鎮静法をはじめとする全身管理や緊急対応を専門に学び、この知識を大学病院だけでなく地域医療に活かしていきたいと考えてまいりました。
当医院でも大学病院で受けていただく治療と同水準の治療を提供したいと考えております。
様々な理由で通院にお悩みの方、治療に対して強い恐怖心をお持ちの方、持病をお持ちの方、短期間に処置を終わらせたい方はどうぞご相談ください。

歯科麻酔専門医 征矢 学