征矢歯科医院

訪問歯科

歯医者に通院するのが難しい方へ
介護サービスを受けていられる方へ

訪問歯科について

基本的に保険診療で行います。

医療保険
国民健康保険・社会保険
一般の医療保険の一部負担と同じ扱いになります。
後期高齢者医療保険
医療費の1割(または3割)が一部負担となります。
障がい者・生活保障
各市町村の減免と同じ扱いになります。

介護保険
介護保険
在宅の場合は住宅療養介護指導料が
介護保険の適用となります。
※ケアプランとは別枠
  • 歯科医師による診療  452円または503円(月2回)
  • 歯科衛生士による診療 302円または352円(月4回)

※ケアプランの対象となる限度額の枠外となります。
訪問歯科診療の料金は3つの金額を合わせた金額になります
診療費 指導員 治療費

患者さんの自立を支援し、そこから生まれる笑顔の源のために

お口の健康は、「食べる」という大切な行為を維持するだけでなく、おいしく楽しい食事の時間を過ごすことができるということにもなります。
征矢歯科医院では、老人ホームなどの施設や病院、またはご自宅へ、経験豊かな歯科医が訪問し通常の歯科医院と同等の診療を行っています。
質の高い歯科医療をもとに、口腔ケアにより力を注ぎ、「口から食べる、噛む、飲み込む、話をする機能の維持・改善」と「回復」を支援し、誤嚥性肺炎の予防に寄与するように努めています。

ご自宅で治療・相談できる介護負担を軽減

ご家族・ケアマネージャーの方へ(居宅介護)
1.お口の専門家にお任せできます
歯科医院に通院がむずかしい患者さんのかかりつけ歯科医院として、他の医療機関と連携をしながら治療や口腔ケアを行います。安心してお任せできます。
2.お身体の健康促進
口腔リハビリテーションを十分に行うことで摂食・嚥下障害で生じる問題など生命の危険に直結する、とても深刻なものを予防出来ます。
患者さん自身で出来ることが増え、病気になりにくい身体になります。
3.ご自宅で治療・相談を受けられる
通院の手間が無く、落ち着ける自宅で安心して治療・相談を受けることが出来ます。
訪問歯科治療はこのような方におすすめです
      
  • 入れ歯が合わない、入れると痛く噛めない。
  •   
  • 歯が痛く、ぐらついている。
  •   
  • 口腔内が不衛生。口腔ケアができない。
  •   
  • 口臭が気になる。
  •   
  • うまく飲み込めない。すぐにむせてしまう。

口腔リハビリ

いつまでも自分のお口で“食べる”ことに楽しみを

「噛む」「飲みこむ」機能を回復させる訓練

治療や入れ歯を製作してもなぜか噛めるようにならないことはありませんか?
入れ歯を使って食べるためには、舌・唇・頬などが連動する必要がありますが、ペースト食中心の生活ではそういった「噛む」「飲みこむ」の一連の機能が低下しているために、入れ歯を作っただけでは不十分です。
そこで継続的な「摂食嚥下訓練」で、「噛む」「飲みこむ」の機能回復をしていかなくてはいけません。摂食嚥下訓練では、患者さんが安全かつ楽しく生活できるよう、栄養摂取の方法を確立することを目指します。患者さんに合わせた食事や栄養摂取のスタイルを確立することが、摂食嚥下訓練の最大の目標です。

訪問歯科治療はこのような方におすすめです
生活の質(QOL)の向上
食べることの障害は、医学的リスクだけでなく、食べる楽しみを失うという生活の質(QOL)の観点からも重要になります。
重大な病気を防ぐ
摂食・嚥下障害で生じる問題(肺炎・窒息・低栄養・脱水)など生命の危険に直結する、とても深刻なものを予防出来ます。

口腔ケア

口腔ケアで元気になる

患者さんに歯科衛生士が継続した口腔ケアを行い、口腔内の清潔保持やうがいや飲みこみなどのお口の機能を回復させるリハビリを行います。
また、継続したケアをすることで新たに処置が必要になった部位の早期発見、早期治療が可能です。歯科医師との連携でスムーズに引き継ぎも出来ますので、患者さんの負担も軽減出来ます。

治療

歯科医院に通院されるのと同じ治療が受けられます。
歯科医院内で使用する医療機器と同等な最新機器をご自宅にお持ちして治療を行いますので、治療内容は歯科医院内での治療と変わりありません。