征矢歯科医院

ホワイトニング

白い歯で笑顔に自信を

ホワイトニングは、加齢変化による歯の黄ばみや歯のくすみ、
日々の食事やコーヒー、ワインなどによる茶色い着色などの歯の色のお悩みを改善する事ができます。
歯を削ることなく、ご自身の歯を白く明るくします。

当院のホワイトニング
治療について

ホワイトニングと言っても種類や方法はさまざまです。ホワイトニングは髪の毛のブリーチと似ています。急激な歯の色の変化は、それだけ歯に対してダメージを与えることがあります。そのため、当院で行うホワイトニングは“安全に痛みなく”“自然な美しい白さに”“適正な価格”をモットーに時間をかけて歯を白くする「マウスピースタイプのホワイトニング(ホームホワイトニング)」を行っております。

ホワイトニング治療の流れ

1 口腔内検査と口腔内写真撮影

まずはお口の中に問題がないかチェックしていきます。虫歯や歯周病がある状態ではホワイトニングの成功は見込めません。そして、現在のお口の中の状態を把握するために口腔内写真撮影を行い、歯の色味を観察していきます。

2 歯についた汚れの除去

歯の表面に歯垢や歯石がある場合には、ホワイトニングの効果は期待できません。まず歯科衛生士によるPMTCと呼ばれるお口のお掃除を行い、汚れを取り除きます。表面についた汚れを落とすことで、ホワイトニング剤が歯に浸透しやすくなり、ホワイトニング効果が高くなります。また、ムラになることも防ぎます。

3 カスタムトレーの作製

ホームホワイトニングを行うため、歯型を取り患者さんご自身のお口に合ったマウスピースを作製します。作製したマウスピースをご使用になることでムラのないホワイトニング剤を塗布することができます。

4 ご自宅でのホームホワイトニング

歯型を取ってから一週間後にできあがったマウストレーとホワイトニングジェルをお渡しします。この日から、ご自宅でのホワイトニングを行っていただきます。

5 目標とする白さに近づきます

1日2時間を目安にホワイトニングを行います。通常は約2週間でホワイトニングの効果を実感することができます(個人差があります)。歯の白さと言っても、陶器のようなマットな白さや、輝くような白さまで白にも度合いがあります。目標となる色味に近づけるために、来院していただく頻度やジェルの量や種類を調整します。

6 歯の保護とポリッシュでの仕上げ

ホワイトニング後しばらくは、外部刺激に対して歯が過敏になり、繊細な状態になるため歯を保護してあげることが必要です。 当院では、ホワイトニング後に歯の構成成分であるカルシウム、リンを含むコーティング剤を浸透させ歯質の強化を行います。 術後の知覚過敏も起こりにくくなります。仕上げにフッ素ジェルとシリコンの柔らかいチップで歯を磨き上げていきます。この作業を行うことで、ホワイトニング後の歯をより艶やかにし、効果が持続します。

※ホワイトニングの注意点

ホワイトニング治療は、個人によりその効果が異なりますので、すべての方が必ずしも現在の状態から改善させるという保証はありません。変色の原因によっては色調の改善が見込めないこともあります。また、治療した詰め物や被せ物はホワイトニングにより白くなることはありません。そのためこれらの色調が異なって見えるようになりますので、目立つ場合には詰め直しなどの処置が必要になることがあります。

 

ホワイトニングの効果の持続時間は、変色の原因や生活習慣によって変わってきますが、ホワイトニングの効果は永続的ではありません。

ホワイトニングの金額

カスタムトレー作製(片顎)
5000円
ホームホワイトニングジェル4本
5000円

※追加でPMTC(歯科衛生士によるクリーニング)を行うことが効果的です。